何を話したらいい分からない人に!リフトトーク話題集

111 933

いざお声掛けした、一緒に滑ることになった。チャンスであるリフトの時間、ここでどれだけ盛り上がれるかが、男女の関係なれるかのキモです。今回は何話そうか思い浮かばない人向けにどんな話題がいいか紹介していきます。

別項でも書きましたが、キャラはチャラくてスノボ好きすぎる人という設定です。

スポンサーリンク

今日は休み?

まず一発目の話題はここからが広がりやすいです。

学生なら  今冬休みです。→何年生?→就活大変だよね?

社会人なら 今日休みです。→どんな職種?

休み取ったんです。→スノボ好きなんだね?どれくらいやってるの?

と、どんどん広がっていきます。ここで気をつけるのが

会社、大学の名前を聞かないということです。

赤の他人だから言えるという部分までにしましょう。

スノボ初めてどれくらい?ここのスキー場初めて?

スノボしに来てるのでスノボのこと聞くのが自然です。女性も興味があってスノボしてるので結構話してくれます。とにかく言ったことには褒めたり、同意してあげましょう!

どこから来たのか

○○県までは必ずいいます。そしたら自分が知ってるその県の有名都市言ってください。大体外れますがその後自分がどんなとこに住んでするか言ってきます。観光地やらご当地グルメ聞いて、

『今度行ったら○○ちゃん、案内してよ』言いましょう。喜びます。

そのウェアかわいいね?

レンタルでないウェアを着てたらぜひ言ってあげましょう。女性は板やブーツより先にウェアを買う人が多いです。いろいろ悩んで選んだと思いますぜひ褒めちぎってください。

今の職種、学生ならこれから成る職種について

ほとんどの人が自分の仕事にプライド持ってます。赤の他人でも認められたり、尊敬されると嬉しいものです。たくさん聞きだしてたくさん褒めてください。

おしゃべりかどうか?

割と大事なところです。おしゃべりならとにかく聞き手に回って、こっちが言うのは褒める言葉です。それだけで、共感されてると思って距離感が縮まります。キチンと聞いてきちんと褒めるです。

難しいのがあまり喋らない人です。ちょっと内気な性格な人です。こういう人とはなるべく返答がYES NOにならないように心がけましょう。こういう人はプライドがすごく高かったり、冷めてる感がある人が多めです。(あくまで私の今までの体験上です)なにか言ったら、褒めましょう!共感してあげましょう。そして好意があることを直接伝えましょう。

こういう方は『口では上手いこというチャラいヤツ。私そういうの嫌い』って言ってきます。そこで折れたらダメです。そんな時はその相手が想像してるより更に上のチャラいで応戦しましょう!

『ちょっと、寄ってくんな』『うるさいはなしかけるな』と言って照れます。ツンデレってやつです。(タブン)そこでさらに『かわいいね』とか言うと『しね』とか言ってきますが、きっとまんざらでもないと思います。私はツンデレが好物ではないので普通に好きですが。そう言うのが好きな人にはたまらないのかもしれません。

話題一覧

  • 今日休み?
  • 何年生?
  • 就活大変でしょ?
  • 何になりたいの?
  • どこから来た?
  • スノボどれくらいやってる?
  • どんな仕事してるの?
  • ○○ちゃん(一緒に来てる友達)とは仲は長いの?
  • 仕事の話で 今度○○する時、○○ちゃんが○○してよ!
  • 県を聞いて 今度行ったら案内してよ!

その他ここから派生がいっぱいしますが、リフトは約10分初心者なら1日10回くらいです。これだけあれば充分です。

気をつけるポイント

漫画、アニメの話、アニメとかコアなファンはあまりいません。もしあなたが、あるアニメのコアなファンなら、浅い知識にイライラするかもしれません。逆に自分があまり詳しくないアニメのこと、深く知ってたらそれも盛り上がらないですし。アニメの話題は振らないのがいいです。

音楽の話も微妙です。アニメほどではないですが、知っても『ふーん』ってなりますし、『どこどこでライブするらしい』とか言われてもそもそも住んでるところが違います。なんか変な空気なるので話さないほうがいいです。

まとめ

今回はリフト中の話題は何にすればいいかと言い面で紹介しました。実際話すときは間にチャラいをいれて話してください。今回の話題はあくまで取っ掛かりです。自分も知ってる話題があればそれで盛り上がったらいいと思います。もちろん喋ってばっかりではダメです!仲良くなったと確信出来たらスキンシップもどんどんしていきましょう!

カテゴリー
スポンサーリンク
自己紹介
こんな人が書いてます
自己紹介
はじめまして。雪モテと言います。 25歳でスノーボードを始め、10年以上してます。 このブログにあるように始めたころから...

シェアしてくれると喜びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気軽にフォローしてください