直伝!私がすすめるキスポイント4選!

MadalinIonut / Pixabay

仲良くなった。これはもうキスまでならできる・・ さて、どこでしよう・・

そんな場面になったことありませんか?なくても、このサイトを実践したらそんな場面になることでしょう!ここでは、ズバリあなたにどこでキス迫ればいいかを紹介していきます!

あくまで、もうキスできるであろう状態で挑んでください。

スポンサーリンク

はじめに

まず初めに言っとかなければいけないのは、はじめはまず間違いなく拒否られます

前書きの「キスできる状態で~」って言ったのになんだそれは!と思ったかもしれません。落ち着いてください。基本スキー場内で二人っきりになり、人目につかない場所と言うのはほとんどないです。

なので、基本は人に見られるかもしれない状態でのキスになります。

よく、都会の若者が信号待ちや駅のホームで人目もはばからずにする、あのイメージです。

「女性が無理というか俺が無理だわ」と思いませんでした?大丈夫なんです!リゾートは、はめ外しても許されるんです。そういうとこなんです。一回やったら、あとは大丈夫になります!経験談です。女性はあなたとキスするのが嫌じゃなくて、人に見られるのが恥ずかしくて拒否するだけなんです。割と強引にいっても大丈夫です!あなたを拒絶して拒否してるのと、恥ずかしくて拒否してる違いわかりますよね?

リフト中

111 1349

基本と言えば基本ですが、スキー場によってまちまちです。コース上にリフトがあって丸見え、メインリフトで乗客おおい。いろんなシチュエーションのリフトがあると思います。ですが、できます!すぐ後ろに客や仲間がいようが、コース上に人がいっぱいいようができます!恥ずかしいっですが、それがいいんです!そのドキドキが恋愛になっていくんです!

アプローチ法

実際どうやってキスまでもっていくか紹介します。私は大体3パターンです。

  • いきなり顔をゆっくり近づけていく
  • ゴーグルつけてたらゴーグルの中の目を見るふりしてゆっくり近づく

大事なのはゆっくりです。普通に話してる時とか、二人ともボーとしてるタイミングでします。そうすると、当たり前ですが女性はびっくりします。ですが、ゆっくり近づけてきたので、キスしようとしたのか、用事があって顔を近づけてきたのかわからない状況になります。そこで「どうしたの?!」と言われたら、率直に「キスしようと思ったんだけどダメ?」と言いましょう。

  • 2ショット写真を撮ってそのままキスしようとする

これもある意味ベタではあります。リフト場は狭いです。2ショットとろうと思ったらかなり顔近づけます。そこを狙って「ゆっくり」顔近づけてください。

女性の対応

  1. 人がいるから無理!
  2. なんで?どうしたの?!

の2パターンで返ってきます。1はもちろん人がいないとこならOKと言ってるもんです。2の場合はあなたの気持ちを知りたがってる系です。なので、2の場合は告白したらいいと思います。気を付けるのは「好き」と言うことを告白してください。「付き合いたい」とかはダメです。

好き→だからキスしようとした

の図式です。

注意すること

まず、女性にとって逃げれない場所で迫られるのは「怖い」と感じる人もいるかもしれません。無茶はしないでください。様子を見てダメならリフトの上はあきらめましょう!もう一つは人目をほんとに気にして拒否されることがある。やはり公然でキスするのに抵抗がある人はリフト上ではしてくれません。しつこくするのでなくシチュエーションを変えましょう。

コース内

111 1360

ここもベタです。ポイントはメインコースでなく人気の少ないコースにいくことです。さすがに、横をバンバン滑ってるとこでキスするのはきついです。コース内での成功率は高めです。

アプローチ法

シチュエーション別で2つあります。

  • レッスン中

これがかなりの成功率です。まず相手がコケるか休憩で座るとします(谷側)。あなたは教えてるので山側向いてます。なのでそのまま相手の方に登って、相手の板を乗り越えてハグしてください。そしてキスしようとしてください。

  • 2ショット写真

これはリフト場と一緒です。リフトと違って逃げ場がある分少し強引でも大丈夫です。こちらも2ショット写真撮ったらハグしましょう。そしてキスをせまりましょう。

女性の対応

  • なになになに?!
  • なんで?どうしたの?!

とリフトと同じ反応です。ここであなたの返しは2パターンです。

  • 上と一緒の「好き」パターン
  • 「レッスン料もらおうかと思って」

この「レッスン料」パターンの成功率は高めです。チャラいですが、大体これでキスできます。この時に別項で書いた「レッスン料高いよ!」が効いてきます。

「何でキスなん?!」と言われたときに

「レッスン料高いって言ったじゃん笑」と返すことで

キス=価値がある高いもの

と言う風に位置づけれます。あなたが「キスは大切なもの」と思ってるという風に表現できます。

注意すること

人気のないところでイチャイチャしてますが人が来ないわけではないです。衝突事故が起きないようにしましょう。

板を乗り越えたり、相手に板が当たる可能性もあります。エッジに気を付けましょう!

ゴンドラ

Orca / Pixabay

これはスキー場によってないスキー場もありますが、チャンススポットです。シチュエーション的にはリフトと同じです。キスできてしまえば、何回でも、長くでもできます。確実性を高めるために、別のシチュエーションでキスしてからのゴンドラがおすすめです!

注意点

完全個室に思えるゴンドラですが、実は支柱に定点カメラがあって監視室からみられてます。ゴンドラ内にはカメラはないですが、支柱のカメラは割と高性能でゴンドラ内までしっかり見えます。ほどほどにしましょう。

Unsplash / Pixabay

これはもう説明いらないと思います。ここでも別のシチュエーションでキスしとけばあとはし放題です。大事なポイントはどうやって車に誘うかです。

  • 車で休憩しよう
  • ちょっと用事があるから車までいこう

車で休憩しようのメリットはブーツ脱いでリラックスできる、足が延ばせる、リクライニングでゆったり等を言って誘いましょう。初心者なら足の疲労は凄まじいです。これで大体大丈夫です。

ちょっと用事があるから車までいこうは車についたら、結局ちょっと休憩していこうに切り替えます。現場についてブーツ脱がしてあげたら、休憩モードになります。

デメリット

車持ちでないとできない。こればっかりは車がないとできないです。車持ちの特権と思うしかないです。

女性的にキスより先を連想させてしまう。やはり完全個室ということで、そういうことを思わせてしまい警戒される場合もあります。完全にイケると思ったとき以外は車はやめておいた方がいいです。

まとめ

どうでしたか?これは私が実践してきたことです。一番のおすすめは

ゲレンデでレッスン料と言って

です。リゾートにきて、少しはめを外してしまって、キス。キスまでならノリででも許してもらえると思います。私は大丈夫でした。ぜひ、実践してみてください!

カテゴリー
スポンサーリンク
自己紹介
こんな人が書いてます
自己紹介
はじめまして。雪モテと言います。 25歳でスノーボードを始め、10年以上してます。 このブログにあるように始めたころから...

シェアしてくれると喜びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気軽にフォローしてください